看護学生・看護師向け情報サイトはこちら

現役看護師が教えるセクハラをする患者様への対処法

雨芽

こんにちは、現役病棟看護師の雨芽です!

臨床経験がまもなく10年の看護師です。

雨芽の詳細はこちら

 Twitter:あめ

悩む看護師
  • セクハラ患者様ってどうしたらいいの?
  • 変に刺激したらこわいしどうしよう…
看護師をしていると中にはセクハラをしてくる患者様など少し対応に困ったり悩んでしまう患者様がいます。
今回は困った患者さんの事例としてセクハラをする患者様についてや失敗した対応、正しい対処法について紹介します。
  • セクハラをする患者様の対処で悩んでいる人
  • セクハラをする患者様への正しい対処法が知りたい人
  • セクハラをする患者様の心理が知りたい人

看護師が対応に困るセクハラをする患者様

看護師が対応に困るセクハラをする患者様の事例

高齢者の患者様が多いですが、中には若い患者様が入院してくることがあります。

 

高齢者でも人肌恋しくてお尻を触る患者様は男女問わずいますが、若い男性からのセクハラは対応に困ってしまう看護師が多いです。

 

特にセクハラをしてくるのは、30~50代の中年男性が多いです。

 

セクハラの例としては、

  • お尻、胸を露骨に触ろうとする
  • 血圧を測る時に腕をすりすりしてくる
  • トイレに行けるのに尿瓶を当てるよう要求する
  • 下半身を露出して見せつける
  • 抱きつこうとする

など様々なセクハラをしようとする患者様がいました。

 

3年目以降はあまり躊躇することなく対応できました。

 

しかし、やはり新卒や2年目などまだ経験が浅い時は困ってしまった記憶があります。

 

セクハラをしようと考えている患者様には大変申し訳ないですが、とても不快なのでぜひ故意にやっているのならば辞めてほしいですね。

雨芽
故意にセクハラをしている場合、法律違反にもなります。絶対にやめてくださいね!

他にもパワハラについての記事もまとめているので参考にしてください。

現役看護師がパワハラの実態を告白します!~看護師のパワハラ対処法も紹介~

看護師が教えるセクハラをする患者さんへの間違った対処

セクハラをされて実際に失敗してしまった例を紹介します。

 

看護師2年目の時に失敗してしまった患者さん対応があります。

 

30代の男性の担当になった際に、日中ベッドを仕切るカーテンを開けた際に全裸で待ち構えられていたことがあり、思わず悲鳴をあげてしまいました。

 

こういう時って悲鳴を上げることや驚く姿を見せることが一番良くないようで、だんだん患者の行動を悪化させてしまうそうです。

 

実際に連絡先を渡されたり身体にわざと触れるようにしてみたりとエスカレートしていきました。

 

上司へ相談後わたしはその患者さんの担当を外れました。

 

しかし、後輩にも同じことをしたらしい患者さんは、後輩が恐怖で泣いてしまったことや以前にもわたしが被害にあっていることから転院という名の強制退院となりました。

 

他にもセクハラを助長する間違った対処法として
  • キッパリと断らない
  • プライベートな話を聞かれたら教えてしまう
  • 相手を褒める

など、セクハラをされた際にハッキリと断れない人に対してエスカレートしていく傾向があります。

 

セクハラの他にもマタハラについてまとめていますので参考にしてください!

現役看護師がマタハラ体験を告白!対処法も解説!!

看護師が教えるセクハラをする患者さんへの正しい対処方法

上記の失敗談の際にわたしはセクハラを患者様から受けたと先輩に相談すると先輩がその患者さんのところに行ってくれました。

 

しかし、その際も全裸で待機していたそうです。

 

先輩は「何故全裸なのか」ということを淡々と問いただし、暑くて脱いだってことですよねとリモコンで室温を下げてきたと言っていました。

 

先輩曰く、セクハラや露出狂には淡々として反応しないことが一番の対処法だと教わりました。

 

全裸で待機されていたのはあとにも先にもあれが最後でしたが、先輩が淡々と対応したことはすごいなと思いました。

 

雨芽
セクハラには忽然とした対応を!

 

そして、学生時代に言われた看護師をしているときは常にポーカーフェイスでどんな時も私情や感情を表に出すなと教わったことを改めて思い出しました。

 

実際に働いているとちょっと大変な患者さんだなと思うことはあっても全裸の患者さんほどではないなと思うので表情をあまり変えるということはあれ以来ないです。

 

他にもセクハラに有効な対処法として、

  • セクハラを受けたら不快であると伝える
  • 1人での対峙を避ける
  • 個人情報は教えない
  • 事務的な話し方をする
  • 服装に注意する

などが挙げられます。

 

不快であることを忽然と伝えると相手に相当なダメージを与えることができます。

 

また、セクハラをする人は、断ることができなさそうな人に行う心理があるため、この対応は非常に有効的です。

 

セクハラを受けた後、できればその患者様の担当を外してもらうことが一番です。

 

しかし、無理な場合には、他のスタッフがに付き添ってもらったり、大部屋で他の患者様もいるときに訪室するなどとにかく1対1にならないようにしましょう。

 

ラインや電話番号、どこらへんに住んでいるのか、次の勤務はいつなのかなどこれらは全てあなたの大切な個人情報となります。

 

セクハラからストーカーに発展したケースもあるので、決して個人情報は教えてはダメですよ!

 

悩む看護師
個人情報は大事!!

 

看護師としては当たり前ですが、患者様に対してフランクに話すことはやめましょう。

 

患者様は友人でも家族でもないため、フランクに話すことは接遇的にもNGです。

 

そして、セクハラをする患者様にもこっちも好意をもっているのでは?と勘違いさせかねないのでやめましょうね。

 

接遇についてはわたしは病院の研修以外にもよく本を読んで学んでいます!

 

接遇を学ぶことで避けることのできるトラブルもあるので、これを機に接遇を極めることも良いと思います!

 

いじれ看護師の接遇について紹介した記事を公開しますね。

 

患者様・ご家族からのクレームを受けたくないならば、接遇について学ぶべきだと思いますので、読んでみてくださいね!

 

そして、服装に関しては看護師は決められたユニホームがあります。

 

現在はスクラブなど下着が透けにくい素材を使用している病院が多いですが、セクハラをする患者様は良くも悪くも無防備な人を狙っています

 

下着が透けないようにするのは働く上でマナーではありますが、今一度注意しましょうね。

まとめ

セクハラをする患者様の事例と間違った対応、正しい対処法について紹介しました。

 

看護師をしていると時にはセクハラをする患者様にも出会います。

 

わたしのように全裸待機ということはあまり経験することはあまりないと思います。

 

しかし、いざ経験した時に咄嗟に対処できる方法を知っておくと今後の患者様への関わり方へも工夫をすることができるようになります。

 

本当に困る患者さんには他の同僚の対応法などをみて自分も真似てみるということが一番無難に対応できます。

 

その中で自分なりの対応法を考えてもいいわけです。

 

患者さんも1人だけではないように看護師も1人だけではないのでさまざまな対応の方法があります。

 

参考するだけでも勉強になることがたくさんありますよ!

 

ぜひ困ったら他の先輩や同僚の対応方法を観察してください。

 

また、一人で対処できない時は、上司や先輩を頼ってくださいね!

最新情報をチェックしよう!
>セルフケアナース

セルフケアナース

看護師こそセルフケアが充足していない現状より、セルフケアナースを設立。看護師・看護学生の悩みを解決する情報を紹介しています。セルフケアナースを見ればどんな悩みも解決できるというサイトを目指しています。

CTR IMG